Be導師日記

ヒューマンスキルオワコンな管理人、Be導師 によるてきとーに運営されてるブログ。きままに、てきとうに。
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ android - Java
CATEGORY ≫ android - Java

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Android StudioからGit連携を解除する方法

スポンサーサイト

Android Studioでの failed to find style.... current theme ってエラー。

どうも。@bedoshiです。

AndroidStudioもEclipseと比較して素晴らしい開発環境なのですが、プロジェクトを作った直後にあるあるな

failed to find style ... current theme ってエラー。

こいつが大体邪魔してくれます。

んで、style.xmlが参照しているテーマがねーよ、ってエラーなわけなのでstyle.xmlを開いてみると…

style_xmlのやつ

AppCompatのテーマを参照しているわけです。

ということでメニュー -> file -> Project Structure を開きます。

project structure

ここのDependenciesを開いて
+ボタンを押して appcompat_v7を追加しましょう。

んでリビルドしましょう。

解決します。

ちょっと汎用クラスの開発頑張ってみる

ゼミ室の卒論生のためにちょっと動く事になりそう。 ちなみにどんなことするのか、というと… Android の LocationListenerを使うサービスをどんなActivityからでも使えるクラスを開発してみる。 とりあえずまだ構想段階だけど… Intentでサービスを起動されたら自動的にLocationListenerを実装して、位置情報の取得を開始する。 んで、元々のUIスレッドから汎用クラスのメソッドを呼んで、位置情報をLatLng型で返してみる、みたいな…。 わりとすぐに出来そう。

Intentのアクティビティ遷移の際のProgressDialog

Androidのアプリを作っているときに考える画面遷移。

この画面遷移の際に少し時間がかかるような場合にProgressDialogを表示しておくとユーザ側としても

ストレスが少なくなるのでは。

ただこのProgressDialog、次のようにしたら表示できますが・・・


ProgressDialog dialog = new ProgressDialog(this);
dialog.setTitle("タイトル");
dialog.setMessage("メッセージ");
dialog.setProgressStyle(ProgressDialog.STYLE_SPINNER);//横棒のじゃなくてくるくる回るやつ
progressDialog.setIndeterminate(ture);//結果表示しない (何%おわってます とかの表示をしない)
dialog.setCancelable(true);//Back keyの有効とかの設定



dialog.show();//ダイアログの表示


これをインテントの際に表示しようとするなら
あるボタン(R.id.btn)を押すとActivityが遷移するという設定でいくと・・・

public void onCreate(Bundle savedInstanceState){
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity\main);


ProgressDialog dialog = new ProgressDialog(this);
dialog.setTitle("タイトル");
dialog.setMessage("メッセージ");
dialog.setProgressStyle(ProgressDialog.STYLE_SPINNER);//横棒のじゃなくてくるくる回るやつ
progressDialog.setIndeterminate(ture);//結果表示しない (何%おわってます とかの表示をしない)
dialog.setCancelable(true);//Back keyの有効とかの設定





Button btn = (Button) findViewById(R.id.btn);
btn.setOnClickLitener(new OnClickListener(){

void onClick(View v){
dialog.show();//ダイアログの表示
Intent intent = new Intent(FastActivity.this , SecondActivity.class);
startActivity(intent);
dialog.dismiss();//ダイアログの非表示
}
});

}

とやりたくなるんですけども・・・これだとdialog.show()の後にstartActivityがあるのにProgressDialogが表示されないんです。

そこでThreadを使ったらうまくいったんでそのコードをば。

onClick()からです。

void onClick(View v) {
// ProgressDialogの表示
progressDialog.show();
new Thread(new Runnable(){
public void run(){
Intent intent = new Intent(TopMenu.this, MainActivity.class);
startActivity(intent);
progressDialog.dismiss();
}
}).start();
}


こうするとうまくいったって不思議。

【Android】スクリーンショットの撮り方【non-Root】

今までAndroid端末のスクリーンショットを撮る方法として次のものがありました。

・パソコンと繋いでAndroid SDKのtool - ddmsでのスクリーンキャプチャ→保存

・Root権限を取得してPlayストアからRootアプリをダウンロードして起動→保存

しかし、Android 4.0以降からはiOS端末同様に標準で搭載されている模様。
その方法が以下の通り。
・電源ボタン と ボリュームマイナスボタンを同時長押し

設定画面のSS  保存場所のSS

左が撮ってみたときのスクリーン  右がESファイルエクスプローラーで保存場所でのスクリーン

保存場所は次のようになりました。
/mnt/picture/screeshot/(ファイルの位置)

以下、今回使った確認端末です。
Au ISW11F ArrowsZ (Android 4.0.3)[non-Root]

すっごい簡単です!ぜひともお試しあれ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。